植物とコンピュータープログラム vol.2

nakamura
Illustration by MIKIO

コンピュータープログラムとはどんなものなのか。

基本的にコンピューターで計算できるものは、1と0だけ。
それは、電気が通電するかしないかだけの差。
それを幾重にも積み重ねて、プログラムが作られている。

では、プログラムとはなんなのだろうか。
例えば、時計のアラーム。機械式の物ではなく、デジタルの方。
自分がセットした時間になるとアラームが鳴るという簡単な物。
この中には、時計というプログラムがあり、一定時間を刻んでいる。
人が発動させたい数字を選択。
その選択された数字になった途端に、アラームのプログラムが発動する。
そして人の手でアラームを止めたり、一定時間鳴らしても止められない場合はプログラムによって止められる。

こんな風に人の手でプログラムが作られ、それに従いコンビューターが動いている。
では、この2つはどういう関係があるのか。Vol.3続く

(text by ITAHEN)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA