原色動物美術館(行貝写真館atミッションベイ(沼津))

IMG_0727

SeCueチームのひとりで、伊豆時時新聞では「本日のコラージュ」連載中の

行貝チヱさんによる移動式劇場形写真館「行貝写真館」が、沼津市我入道の「MissionBay」にてオープン中です。

前回は4月に開催しましたね。その時の様子はこちら

IMG_0719

ミッションベイは、倉庫を改造した広くておしゃれな雑貨屋&カフェです。

IMG_0721

今回のテーマは「原色動物美術館」。

 

IMG_0723

おや、角だ。

これらは、動物になるための小道具です。

IMG_0716

撮影はこんな感じで、カメラマンの行貝さんと、スタイリストの渡邊さんが
お話ししながら写真の世界観を作ってくれます。
衣装や小道具もたくさん用意されていて、それにお客さんの持ち込んだ私物が足されて
ひとりひとり全く違う物語のある写真ができあがります。

これは専属モデル(笑)のうちの息子を撮ってもらっているところです。
頭に角がついて足が長くなってますね。

IMG_0718

カタツムリの精ということになりました。
若干ガーリーですが、カタツムリは雌雄同体なので問題ないでしょう。

こんな感じで、世界でここだけの、なんとも不思議な記念撮影ができるのです。

IMG_0726

前回の、「王家の人々」で撮影された作品も展示しています。
見てるだけでも楽しいですよ!
次がいつ、どこになるかは分かりません。

蜃気楼のような写真館、気になる方は下記のリンクから作品を見てみてくださいね。

 

 行貝写真館〜原色動物美術館〜

そのミュージアムには変わった従業員ばかりが働いていました。
角が生えているのやら、しっぽが付いているのやら。
動物の絵ばかりが飾られているからでしょうか。

今日のあなたは原色動物美術館のスタッフです。
一緒に、この、どこかにあるかもしれない、
変わった美術館の記録写真を作り上げましょう。
館長、学芸員、監視員、もぎりのお姉さん、掃除のおばちゃん
……誰になりましょうか。
おや、あなたの頬からもピンと張ったヒゲが生えてきましたよ?

——————————————-
行貝写真館の楽しみ方
行貝写真館は、お客様と一緒に世界観を作り上げて撮影する写真館です。
写真の中に広がる世界の半分は写真館がしつらえ、もう半分はお客様それぞれの妄想力と私物でできあがります。
1.なりたい生き物をイメージします。(哺乳類、鳥類、魚類、昆虫、幻獣?)
2.1を表現するための色を決めます(1~2色)。
3.2.で選んだ色のものを、家じゅうから集めます。(服・布・靴・小物・道具などなんでもOK。
掃除用具やキッチン用具、おもちゃなど、撮影のイメージを膨らませて持ち込みましょう)
4.当日の撮影は思いっきり楽しんで♪お時間には余裕を持ってお越しください。
5.ご予約はお早めに!

☆ 日時: 6月14日〜23日
10時・12時・14時・16時・18時  各回
(1日5組 限定)

☆ 場所: Mission Bay
沼津市我入道南条寺69−1

☆ しつらえ:原色動物美術館(動物にならない、普通のポートレイトも撮影可能)

☆ 費用: 1組15000円(おはなし、基本スタイリング、撮影、プリント代込み)

☆ご予約: 055-946-6243

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA