3号の取材に行ってきました

IMG_0432

 

伊豆時時新聞第3号の取材で、西伊豆の波勝崎に行ってきましたよ。

波勝崎は、松崎と下田の間にあります。(南伊豆町)

 

ここに何があるかというと、猿がたくさんいます。

すごくたくさんいます。

いくつかの群れに分かれているそうですが、全部で250匹くらいって言ってたかな?

901451_861767517171644_1201634620519917553_o

 

ここは、波勝崎苑という観光施設で、野生の猿とふれあうことが出来るのです。

10264020_861771140504615_2628266601582198107_o

 

ふれあえます。

1979182_861766963838366_1877571581436715076_o

すごく、ふれあえます。

 

食べ物を取られる、カバンを開けられるなど、濃密なコミュニケーションが可能です。

でもね、そんなに媚びないのよね。野生だからかしら。

ここらの皆さんは、「あー、子供の頃行ったわー」と懐かしいのでは。

おさるさんたち、元気で可愛かったです。

5月〜6月が出産シーズンなので、出会った小猿たちはだいたい1歳(人間で言うと3歳くらい)らしいです。

 

ところで、相変わらず伊豆が深くてですね。波勝崎まで三島・沼津からだいたい2時間強なのですが、3時間以上かかりまして。

天城の辺りでナビが気まぐれにいつもと違う道を示してですね、面白いから行ってみようと曲がってみたら、これがまあとっても山道で。
のどかな温泉宿の並ぶ山里の風景は美しかったんですが、その後が、ねえ。

「持越(地名)の先通行止め」の看板におびえ、胃から上がってくる甘酸っぱい液を噛み締める者あり、峠の牧場でなかなかここに辿り着きそうな人がいなそうな都市景観賞受賞作の建築物を鑑賞し、ランチ難民になり、結局雲見の定食屋(おいしかった)で遅いお昼を食べ、でも何とか雨には降られず、やっとおさるさんに会えたのですよ。

帰りは下田から河津→修善寺という普通のルートで平和でした。

波勝崎苑から下田方向にちょっと行ったところに突如あるオアシスのようなアジア雑貨とネパールカレーのカフェ、ティハールで1日1個限定のボウルプリン(卵11個使用)をみんなでいただきました。

1017021_721570071227493_5049096559383324126_n大きいのに美味しい!

いやー、山道にやられ、猿と戦った後の我々には、本当にここはオアシスでした。

テラス席もあって、晴れた日は外で食べると気持ちよさそうです。

IMG_0441

 

車で走っていても見逃しにくい親切な看板たち!

そして、きれいで美味しい、すごくちゃんとしたお店でした。(観光地の食べ物屋さんって、これ重要ですよね)

 

そんなわけで、3号の特集は「お目通りがかないましたスペシャル」です。

5月中に出せるといいな…どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA