遠野秀子陶展(kurubushi-base)

函南町丹那の隠れ家ギャラリー、kurubishi-baseで22日の日曜日まで開催中の、遠野さんの展示を見てきました。

遠野さんは女子美術大学を卒業後、益子で陶芸の勉強を続け、2010年から生まれ育った熱海市で窯を開いている若手の作家さんです。シカ小杜の記事でも鹿や馬のオリジナルプレートを紹介しました。

 

「山の呼吸」と題された展示は、kurubushi-baseの自然素材を生かした空間に寄り添い、透明感のある落ちついた空気を感じました。

IMG_5333 image

作品は、大きな器から、繊細でかわいい蓋物、日常に取り入れやすい大きさのお皿やカップなどさまざまです。

 

IMG_5327

image

花器にも挑戦されていて、苔や山野草との相性も抜群でした。

ぐっと目線を下げて花器を見ると、模様が描かれています。

IMG_5335image

瀬戸の白い土淡く緑の釉薬がのったもの、益子などの土を手の感覚でブレンドした赤や紫の土に、マットな灰青の釉薬で模様が描かれたもの。

 

IMG_5336IMG_5337

どれも、主張しすぎず風景に溶け込むようで、それでいてひとつひとつが違った表情を持っていて、遠野さんの人柄を表しているようでした。

植物と陶器、うつわとはないれ、そんな境界が淡くとろけて、やわらかな世界を作るような、そんな素敵な展示でした。

 

kurubushi-baseのオーナー原田氏はSeCueメンバー。

伊豆時時新聞では「kurubushi便り」を連載中です。

場所が分かりにくいので、地図を置いておきます。

探すことも楽しみに、是非お越し下さい。

 

—————————–

遠野秀子陶展 山の呼吸

作家在廊日 12月15.18.19.21.22日

2013年12月15日(日)~22日(日)

12:00~19:00

kurubushi-base
419-0105
静岡県田方郡函南町丹那315-1
kurubushi.works@gmail.com
http//:www.kurubushi-works.net

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA